検索結果

嶺南

experience067

  • 飲食
  • 癒し
  • 創作
  • 学び
  • 自然
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

ホントはどうなの!?
福井梅を食べ比べ、飲み比べ

<

1

2

3

1/6月に収穫した紅映梅。芳しい香りを放つ 2/繊維が少なく、ぽってりした紅映の梅干し 3/ジャム作りは人気。砂糖は控えめで、梅らしい酸っぱさもある

違いの分かる「梅ツウ」になろう。

江戸時代に始まったという若狭町の梅栽培。熟すにつれて紅色を帯びる「紅映」(べにさし)や、実の先端がとがって見える「剣先」(けんさき)、収穫量が多い「新平太夫」「福大夫」など、さまざまな種類の梅が栽培されています。「紅映」は種が小さくて肉厚なことから梅干し向きといわれていますが、実際に他の品種と食べ比べをして、特徴や違いを確かめてみましょう。他にも幻の完熟梅を使ったジャム作りや、梅シロップの調理法、梅ジュースの飲み比べなど、様々な加工品の「食べ方指南」が受けられて、梅ツウになれること間違いなしの体験です。

梅ジャム(小瓶)のお土産付き。家でも楽しんで

data

日程2018年10月9日(火)〜10月21日(日)13:00〜14:00

集合場所梅加工体験施設(若狭町成出17-4-1 梅の里会館敷地内) ※駐車場あり

料金大人1,500円、高校生以下1,000円(税込、当日現金支払)

参加条件なし

準備物なし

最少催行人数2人

予約要(3日前の17:00まで)

キャンセル規定なし

その他荒天時予定通り

運営若狭UMEアクティビティ

連絡先080-5224-5886(担当:伏見)243wakasa@gmail.com予約フォーム https://wakasaumeactivity.wordpress.com/

大きなマップで見る